読書

ナイツ塙さんの本「言い訳」はお笑い好きなら必ず読むべき1冊

ナイツ塙さんの著書「言い訳 関東芸人はなぜM-1で勝てないのか」をKindleで読みました。表紙の出で立ちからまずおもしろいです。

僕は過去に「関東芸人はなぜM-1で勝てないのか?」というインタビュー記事を読んでいて、それをより膨らました今回の1冊はものすごく期待していました。

というのもそのインタビュー記事がえげつないほど説得力があり、めちゃめちゃ面白かったからです。

関東芸人はなぜM-1で勝てないのか?【第1回】

関東芸人はなぜM-1で勝てないのか?【第2回】

関東芸人はなぜM-1で勝てないのか?【最終回】

上記のインタビュー記事を読んでいる人であれば、より「言い訳」の内容もすっと入ってくると思います。

僕は「言い訳」を読んで、ますます関東芸人が勝てない理由と塙さんの魅力が伝わりました。

ナイツ塙さんは「松本チルドレン」である

この本の良いところは、ナイツ塙さんの子供時代についても書かれているところです。

どのようにお笑いへの道に進んでいったかが簡単に書いてあります。

ものすごく掘り下げて書かれているわけではありませんが、そうだったのかと思える内容も多く含まれています。

僕はナイツの塙さんはアメトーーク!で見る度に、ストイックにボケまくってるなあこの人と思っていました。

それもそのはずで、ナイツ塙さんはボケだけやり続けたいというタイプの人だったからです。

南海キャンディーズの山ちゃんが過去に言っていましたが、その手のタイプがバラエティーには少なく、いかにツッコむかという戦いになっているそうです。

その中でボケ続けているブラマヨ吉田さんはすごいって言っていましたが、僕は塙さんも負けぞ劣らずなんじゃないかなと思いますね。

塙さんは幼少期にうんちを漏らしたところからいじめられるようになってしまい、それを逆転させるために笑いに目覚めたそうです。そして、その次に衝撃を受けたのがダウンタウンの松本人志さんがクイズ番組で珍回答を連発させていたのを目撃した時だそうです。

おそらく当時のクイズ番組で大喜利的な回答をするってことがなかったのだと思います。

そんな中でボケまくっているまっちゃんが周りを変な空気にさせているところ、浜田さんがいい加減にしろと回答席の台の上に乗っかって周りが笑いに包まれたのが塙さんとしては衝撃だったんですね。

この動画をYouTubeで探したんですが、ちょっと展開が違う奴があったので、塙さんの記憶違いなのか他の動画なのかは分かりませんが当時のダウンタウンの勢いは伝わってきます。

これか、

 

これしかないですね。他にもあるかもしれませんが…。

 

この時にナイツ塙さんは一生、松本さんの背中を追い続けようと決意したんだとか。

そしてこの時のまっちゃんのボケ続ける姿が塙さんをボケられる場所へ誘い込んだわけですね。

「松本チルドレン」ナイツ塙の誕生です。

  • 師匠 内海桂子師匠
  • 心の師匠 松本人志

だそうです。

 

M1の徹底分析と関東芸人が勝てない理由

M1でなぜ関東芸人が優勝できないかが本の本題です。

まず、漫才といえば関西です。関西のしゃべくり漫才こそ漫才の王道なんですね。

その道を最初に示したのが初代王者の中川家です。

関西しゃべくり漫才の王道の道をいっている、それがゆえ、M1がしゃべくり漫才日本一を決める大会と少なからず色付けされたと塙さんは言っています。

この表をみてもらうと分かるんですが、やはり関西勢が強いですよね。

優勝者ジャンル関東/関西
2001中川家しゃべくり関西
2002ますだおかだしゃべくり関西
2003フットボールアワーコント関西
2004アンタッチャブルコント関東
2005ブラックマヨネーズしゃべくり関西
2006チュートリアルしゃべくり関西
2007サンドウィッチマンコント東北
2008NON STYLEしゃべくり関西
2009パンクブーブーコント九州
2010笑い飯しゃべくり関西
2015トレンディエンジェルしゃべくり関東
2016銀シャリしゃべくり関西
2017とろサーモンしゃべくり関西
2018霜降り明星コント?関西

 

非関西系でしゃべくりで勝ったのは、トレンディエンジェルぐらいです。

それだけしゃべくり漫才で関東勢が勝つのは難しいということです。

大きくジャンル分けすると、しゃべくりかコントということになるわけですが、関東勢が勝とうと思ったら、コント漫才をやるべきだという考え方になりますね。

関西の言葉は強さがあり、ツッコミも強い。東京言葉だとツッコミが弱かったり言葉数も増やせないというのも関東芸人が勝てない理由として挙げられます。

 

そうしたさまざまな面からM1、そして漫才を分析してナイツが勝てなかった理由も「言い訳」には書かれています。

この本を読んだら、漫才の見方、そしてナイツ塙さんの見方が変わります。

ABOUT ME
秋山
27歳です。記事内の疑問点等あれば、Twitterに連絡ください。@akimeito