食事

2週間の低FODMAP食で便秘が改善されるのかやってみる【便秘の原因】

どうも、激しく便秘に悩まされている男です。

元々、子供の頃から腸が弱く下痢になりやすい体質でした。

しかし、社会人になってから不安やストレスなどが影響してか、便秘気味にもなるようになりました。

便秘による悪影響ってのは計り知れないものですし、腸の状態が悪いのもさまざまな体の状態悪化につながります。

なので、ここらで本気で治したいということで低FODMAP食を2週間ほどやることにいたしました。

僕の考えられる便秘の原因

僕は便秘の原因を昨年からずっと考えていて、今現在やっとほぼほぼ原因を突き止めつつあるので、それらについて書いていきます。

不安とストレス

まずはこの2つですね。

元々重度の心配性で、学生時代に何回か自転車で転び、あと何回自転車で転ぶんだろうと不安になり憂鬱になったほどのレベルです。

それが社会人になってから、さらに増していきました。

将来に対する不安、対人関係のストレスなどがガンガンに沸き起こるようになり、気づけば下痢気味の体質だったのにも関わらず、便秘気味の体質になるという流れです。なぜそう変わったのかは良く分かりませんが。

とはいえ、便秘と下痢を繰り返す状態ではあります。。

不安傾向を改善していくこともしていかなければなと思ってます。

 

過敏性腸症候群(IBS)の可能性大

続いて、過敏性腸症候群ですね。

過敏性腸症候群とは小腸や大腸に病気などの異常が見つからないのに、便通の異常や腹部の不快な症状が続く病気のことです。 過敏性腸症候群の症状は、つぎの3つのパターンに分類されています。 これら、下痢や便秘のほかにも、さまざまな症状があります。

若い女性、働き盛りの人に急増 過敏性腸症候群に迫る

当てはまってます。

というのも、昨年は過敏性腸症候群だと強く感じていて、その対策として低FODMAP食を少しやっていた時期があるんです。

しかし、突然強力な腹痛と下痢に襲われ、低FODMAP食治らないじゃんとやめてしまったんですよね。

ですが、その腹痛と下痢の原因が実は生卵(おそらくサルモネラ菌)だったと最近明確に気づいたので、改めて低FODMAP食やろうと思い立ったという経緯があります。

 

リーキーガット症候群だろうか?

聞きなれない言葉ですが、リーキーガットというものがあるということをここ1,2年で知りました。

以下のような症状がひどく現れたら可能性があるっぽいです。

  • 花粉症などのアレルギー症状
  • お腹の膨満感・ガスによる膨張
  • 大腸炎
  • うつ病
  • 不眠症

どんな健康的なダイエットも無意味にする「リーキーガット症候群」の恐怖と改善法

リーキーガット症候群は医学的には認められていないようなんですが、腸内細菌の働きや炎症で小腸の壁に小さな穴が開いてしまい、そこから異物やらウイルスやらが血液中に入り込んでしまうっていう症状のことです。

これの原因は超ざっくりいうと、食生活の悪さってことですが、そこまで食生活が悪かった感覚は僕にはないんですよね。

とはいえ、可能性としてはありえます。

 

食物繊維で逆に便秘が起きている可能性がある

ネットで「便秘解消」などのワードで検索すると、ほぼ100%「食物繊維を摂れ」と書かれています。

僕もそれを信じて、食物繊維を摂るようしていたんですが、どうやらそれが逆に便秘を悪化させていたんじゃないかという可能性が出てきました。

パレオな男こと鈴木さんの食物繊維で逆に便秘が起きてしまう3つのパターンの記事に書かれていることなんですが、それがもしかしたらあり得るんですよね。

記事を要約させてもらうと、

  • 不溶性食物繊維便秘気味の人が摂ると、便の量を増やすだけでそれがどんどん溜まっていってしまう
  • 水溶性食物繊維は腸への刺激が強いため、対応できていない腸だと腸内環境がさらに悪化する
  • 水溶性食物繊維は摂りすぎると、腸内の水分不足におちいる

などなどの可能性があるようです。

これも当てはまりそうなんですよね。なぜかというと、最近の激しめの便秘で心当たりがある食品関連が食物繊維が含まれてる気がするからなんです。

 

便秘の原因となる疑わしい食材やサプリ

ブルーベリー…最強のフルーツと鈴木さんもおっしゃるものですが、果糖でお腹の調子が悪くなるって人がいるんですよね。で、僕もそれの可能性がありそうなわけです。

Probiotic-3…腸内環境を改善するプロバイオティクスのサプリです。本来は腸内環境を良くするものなので、良いはずなのですが念のため。

バナナ…これも果糖が。。

ホエイプロテイン…ここ最近、飲み始めたんですが、ちょっとどうなんだろうといった感じです。乳製品が体質的に合わない可能性が無くはないんですよね。

ヨーグルト…これも乳製品なんで、どうなのだろうというところです。

トマト…のちに説明。

ブロッコリー…のちに説明。

納豆…のちに説明。

キャベツ…のちに説明。

といった感じで、疑わしい食材やサプリはこんな感じですね。

一見すると、体に良い食材を摂れているように思いますが、これで普通に便秘になりますからね。。どこかに問題があることは間違いありません。

 

解決法:低FODMAP食を実践

低FODMAP食とは腸を元気にする食事法で、僕は以下の本でそれを知りました。

パン・豆類・ヨーグルト・りんごを食べてはいけません

低FODMAP食を実践することで、過敏性腸症候群を改善できるとのことで過去に少し実践していたということになります。

2週間これを参考にして実践する

この記事を書いている時点でまあまあ日数が経っていますが、壊れた腸を徹底的に癒やす「FODMAP」入門をの記事を参考にして低FODMAPを実践します。

正直、記事に書かれているNG食材と上で読んだことのあるといった本のNG食材がちょっと違うのですが、今回は記事の方を参考にして行います。

上記した疑わしい食材ののちに説明と書いた食材は低FODMAPのNG食材です。なので、それらは一切食べないで過ごすことになります。

 

食べることを考えている食材

低FODMAPから考えて、食べて良さそうな食材で食べようと思っているものは以下です。

  • 米(冷や飯だとなお良い)
  • さつまいも
  • かぼちゃ
  • 鶏胸肉
  • ゆで卵
  • にんじん
  • きゅうり
  • さばの水煮
  • ほうれん草

これらの食材の中でもにんじんやほうれん草は若干怪しいんで、食べるかどうか微妙なラインですが様子をみていきたいと思います。

スタートは2019/09/24~です。

ただ外食が2件くらい避けられないので、まあそれは仕方ないですがそれも考えつつ実践します。

あとコーヒーはNGに入っているんですけど飲みます。。どうなることやら!

 

ABOUT ME
秋山
27歳です。記事内の疑問点等あれば、Twitterに連絡ください。@akimeito