読書

「服用危険」を改めて読んだ感想とチョコラBBについて

鈴木祐さんが著者の「服用危険」を改めて読んでみました。

とある事情でチョコラBBってどうなんだろうと思い、例のごとく鈴木さんのブログの検索窓から「チョコラ」などと検索して調べていました。

チョコラででる記事は以下2つ。

で、その中で口内炎の方の記事にチョコラBBに関しての記載が少しあり、関連してビタミンB群について「服用危険」に書いているとのことで読み直すことにしました。

ビタミンB群を飲むメリットはない

服用危険を読むと、ビタミンB群のメリットはなく、なんなら副作用のほうがあるということで少し驚きました。

チョコラBBに関しては、主にビタミンB2、ビタミンB6が含まれているものが多いです。

チョコラBBが口内炎などに効果があるのは、ビタミンB12によるものだと鈴木さんのブログにも一応書かれていたので、どういうことだと感じました。

さらに肺がんリスクも4倍になるおそれもあり、ビタミンB群を摂取しすぎるのはかなり毒ということになります。

ですが、口内炎に激しく効果がある(かもしれない)自宅でできる6つの予防策にも書かれている通り、口内炎などに効果がある結果も出ているので、チョコラBBの長期間の服用は避けるべきと僕としては解釈いたしました。

ちなみに僕は口内炎ではないですが…。

ビタミンB不足はどうすればいいか

鈴木さんも5年前には、ホントは怖いビタミンB12欠乏という記事を書いていて、サプリでビタミンを補っていたようですが、今は飲んでいないと思います。

ビタミンB12が不足している人で、サプリから摂取したくない人は、ビタミンB12を多く含んでいる肉類を食べるしかないですね。

もちろん1つの例として、チョコラBBなどで補うのもありだと思いますが、僕は肉類の摂取量を増やす方向にしたいと思っています。

基本的にサプリ等で補うより自然の食材で補っていければそれがベストだと考えているので。

僕としてはチョコラBBなどを摂取するのは悪くないが、過剰な摂取や長期間の服用は好ましくないが結論です。

また、ビタミンBの摂取=チョコラBBがベストってわけでもありません。たまたま僕がチョコラBBが気になっていたから具体例として出てきただけなのでご注意を。。

 

サプリではなく本当に必要なものは3つだけ

服用危険ではさまざまなサプリに対して注意喚起を促しているわけですが、そういったサプリを摂取するよりも重要なものが3つだけあるというまとめ方をされています。

その3つとは以下です。

  1. 良い友達を作る
  2. カロリーの「質」にこだわる
  3. 歩く!歩く!歩く!

 

これって意外とできていない人が多そうですよね。

僕は良い友達がいないので、なかなか苦しい状況を強いられています。

カロリーの質と歩くは割と達成が容易いのですが、友達は難しいです…。

また、カロリーの質のくだりで疑問に思ったことが1点ありました。

それは食品の加工レベルを4段階に分けて、加工レベルが1,2までで食事をするのが良いと伝われているくだりです。

  • 加工レベル1:生の野菜や肉など生鮮食料品
  • 加工レベル2:新鮮さが残った状態でパッケージされたもの
  • 加工レベル3:素材に後から味や食感を付け足したもの
  • 加工レベル4:包装から取り出してすぐに食べられるもの

こういった形だったのですが、僕が注目したのはレベル4です。

レベル4には冷凍食品があり、それは当たり前だと思うんですが、冷凍のブロッコリーやほうれん草なんかはどうなんだろうと思いました。

鈴木さんが過去にBUSINESS LIFEというサイトにて連載していたもので、1日1kgの野菜で目指せ細マッチョ!ベストな食事タイミングは?|最高の体調-パレオな男に聞いてみた-というものがあります。

この中で、コンビニの冷凍・カット野菜などもありと書かれていて、4に分類されるものもあるのではと疑問に思ったわけです。

まあ、無難に冷凍のブロッコリーやほうれん草ではなく、調理されていないものを買えばいいんですけどね。

 

ABOUT ME
秋山
27歳です。記事内の疑問点等あれば、Twitterに連絡ください。@akimeito